食事制限を超がんばってる人たち

食事制限を超がんばってる人たち

食事制限を超がんばってる人たち

 

食べ物の量を減らすということは単純に痩せるだけなら最高の方法です。
もし断食でもしようもんならものすごい勢いで痩せていくでしょう。

 

ただ、みんなご存知のリバウンドが心配ですよね。
そこを気を付ければこんな確実なダイエット法はないわけです。
でも気を付けてるのにあるタイミングから止まってしまう人もいます。
今までと何も変えてないのに体重の変化が止まってしまうんです。

 

これは食事制限を頑張る人にはよくあること。
成功体験を書いてるブログにもよく出てくる時期です。

 

これが起きてしまう要因というのは食事制限のカロリー数が体重の限界を超え始めたことが1つ。
体重の減少というのは1日に食べるカロリー引く消費するカロリーできまります。
最初は食べるカロリーが少ないのでガンガン減るんですが、そのうち消費するカロリーにその数字が近づいてくるんです。

 

近くなればなるほど体重の変化が少なくなるのは当然ですよね。
これが停滞期の正体です。
これになったら運動を増やすかしないと大きくは痩せないでしょう。

 

もう一つは体が慣れてしまったということ。
その食事制限ようの生活の体が慣れてその分カロリーをため込もうとします。
こうなると脂肪がなかなか落ちません。

 

自分の意志とは無関係に体が自分を守ろとして起こることなのでどうしようもないんです。
これを防ぐにはそういう状態でないと錯覚させるようにバランスよく食べることがだいじ。
少しずつ減らすのも有効です。

 

そうすれば体がその食事に適応しつつ体重を減らすことができます。

 

どうだったでしょうか。
あなたが食事制限ダイエットを選んだのは間違いではありません。
そしてその多くに停滞期が訪れます。

 

方法によって解消が可能なので焦らず、あきらめず実践していきましょう!

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ